まぐまぐオフ日記冬・名古屋オフ編 2001/12/27〜28 その三(White Chatのメンバーによる)

 その日、名古屋で不思議な集団が目撃されたという・・・
 彼らは、レジャックというビルの中で、カラオケをやっていたという。
 そしてそのカラオケを終了させた後・・・彼らは、名古屋駅へ向かったのだ・・・
 名古屋駅・・・JRセントラルタワーズでは、タワーズライツというイルミネーションイベントが開催されていた・・・
 ←これ。(撮影者、匿名希望M)
 とてつもなくきれいなこのイルミネーションに、彼らは思ったという・・・
 ・・・・・・・・・・・・シュウゴウシャシンガトリタイ・・・・・・・・・・・・

 彼らは・・・その現場にあった出店で・・・カメラなどを売っていた人々に襲いかかった!

 ・・・・・・・・・・・・スイマセン、シャッターヲオシテクレマスカ?・・・・・・・・・・・・

 彼らは・・・ほぼ全員が、一斉にカメラを手渡し、写真を撮ってもらっていた・・・
 そして、我々はその衝撃写真を入手した!それがこれである
 ←奇妙な

 ・・・以上、本当にあった奇妙な話、でした!

 

 ・・・・・と、とりあえずアホみたいな文章表現はこのくらいにしておいて、と。
 あと、ここで使ったこの上の集合写真・・・即刻削除して欲しい参加者の方は
 ボクのケータイにソッコーでメールしてください。m(。。)m
 一応モザイク系の画像処理と画像の小型化はしていますが、
 その手のプロの手にかかったら一応顔が割れない可能性もなきにしもあらずなので。一応。可能性は低いけど。

 こんなんわざわざ処理してでも見るようなもんじゃないよーな気もするが(ぇ)
 そんなん出来るのはボクの知り合いじゃHNで某Kくんくらいだろう・・・(ぇ?)

 

 とまぁ、カラオケが終わった後はこんな出来事があって。
 その後、そぞろ歩きで(?)名古屋駅の中に入っていった。
 そろそろ女性陣は帰らなければならない時間だ。
 はゆはJRの「特急南紀」で、Erinaは名古屋市内を走るJR(多分東海道線かな?)
 ゆかは行きも乗ってきた近鉄急行に乗せることにした。
 ということで、まずはJRの中央改札口へ向かった。

 中央改札の前。やっぱりたむろしている変な集団があった(笑)
 とにかくダベってた。ケータイの番号やメルアドを交換してたり
 ・・・ふぅ。何喋ったかも覚えてないや♪( ̄ー ̄;)
 しばらくずっとダベっていて、はゆとゆかとボクが喋ってたとき
 は「・・・あ、そろそろ行こうかな。じゃぁまた会おうな〜」
 ま「あれ、他のみんなには挨拶してかんの?」
 は「シー♪」
 こっそりと、はゆは帰っていった。ボクはゆかと顔を見合わせて苦笑いしていた。(笑)

 しばらくして、ぎるちが気付いた。はゆがいない。
 ・・・遅ぇーよ(笑)
 そして彼は電話し始めた(笑)・・・出ない、らしい(笑)
 今度は笑いながらボクも電話してみた(笑)・・・あ、出た(笑)
 ま「こっそり帰ったなーってぎるとか怒ってるでー(笑)」
 は「あーでも電車の時間とかあったしなー(笑)」
 ま「あはは(^-^)じゃ気ぃつけて帰りぃや〜」

 そしてもうしばらくダベったあと、ErinaもJRに乗っていった。
 あとはゆかだけ。
 そろそろ旅館の方へ行こうかと言うことになったので、ボクはゆかを近鉄線のホームまで送っていくことに。
 残りのみんなは、宴会用(?)の食べ物や色々を買う為にコンビニ(みたいなところ)に向かった。
 一時、ボクはその集団を離れた。

 ゆかといろいろ喋りながら近鉄線のホームへ着いた。
 特にいつもと変わったこともなく(笑)
 帰りの切符を買わせて、改札で別れた。
 ゆかは翌日親戚とキンキのコンサートへ行くとか・・・いいなぁ(ぇ)
 翌日来たメールでは、剛と光一にさわったとかいってかなり騒いでたが・・・(^^;
 ・・・まぁとりあえず、これで女性陣全員が帰ったわけだ。

 そしてボクはその時めちゃめちゃのどが渇いていたので、
 即座にKioskでカルピスウォーターを買って、即座に飲んだ。(笑)
 カルピスウォーターは良いよ〜のどの渇きを潤すのに最高よ〜( ̄▽ ̄)
 ・・・んなことはどうでもええとして、とりあえず・・・トイレじゃボケーーーーー\(T□T)/
 トテツモナイ尿意が・・・

 ・・・ジャー・・・

 はい、生々しい表現で、どうも失礼(−−;
 そしたら、狽ゥら電話が。
 し「お前今どこにおんの?」
 ま「え、ちょっとトイレ行って飲み物買って。で、自分らは何処なん?」
 し「もう東山線の改札んとこに来てるから、お前も来い。」
 ま「あーわかった、行くわ。」

 地下鉄の改札前のパン屋で、パンを買ってたらしく、彼らはパンを持っていた。
 (そりゃパン屋で米は買わんわなぁ・・・)
 とりあえず合流完了!よってこれより我々は某旅館へ向かいます!
 ボクらが泊まる旅館は狽ノ手配してもらったところで、・・・名古屋港近くにあった。
 よって、地下鉄で栄まで行って、乗り換えて名古屋港駅まで行くと言うことだった・・・
 片道260円。はうぅ。(何)

 乗り換えってのはどうもメンドクサイことだね。(何)
 名古屋の地理に詳しい人なら分かるかも知れないけど、名古屋の地下鉄で名古屋港方面へ向かおうとすると
 栄から名城線というのに乗らなければならないが、これがまたややこしい。
 詳しくは「
ここをクリック」して見てもらった方が早いけど(無断リンクですすいません(−−;)
 名古屋港直通のヤツがあれば良かったねんけど、その時間はちょうど
 栄から金山で乗り換えなければならない新瑞橋(あらたまばし)行きの電車が・・・
 よって、金山で乗り換え。実にメンドクサイアルヨ(笑)

 とりあえず旅館に荷物を置いて、コンビニ行って菓子とかその他買ってこようと言うことになり、
 まずは旅館に向かった。
 結果的に、旅館にはこっちの方が近いと言うことで、名古屋港駅ではなく築地口で降りたのだった。
 ダベりながら歩いてゆき、到着〜☆
 ここの受付にいたおばちゃんがずいぶん明るい人で、
 お「あらあらあなたたち学生さん?」
 し「あ、一応一人を除いて高校2年生です。」
 こ「俺は19です。」
 お「あらあら学生さんなのにすごいわね〜どこから来たの〜?」

 ・・・とまぁ、また詳しく覚えてないんだけどずいぶんよく喋るおばちゃん達だった(笑)
 宿泊は素泊まりで¥4000ぽっきり。まぁ、そんなもんかな、相場は(何)
 部屋は二階の結構広めの和室と、ベッドが3つおいてある洋室。2部屋とってもらっていた。
 とりあえず、その広めの和室の方へ荷物を置いて、コンビニを探しに出かけた。
 ・・・さっき歩いた時には、ろくにコンビニなど、無かったような気がしたんだが・・・
 とりあえず、旅館のおばちゃんに聞いたところ、道をまっすぐいったところにコンビニがあるというので、
 一応行ってみることにした・・・

 てくてく。歩くこと数分。あ、吉○家がある・・・(関係ない)
 んー・・・あ、しばらく歩いたところで、それっぽいのは見つけた!
 公園らしいところの横に、あった。某デイリーヤ○ザキ。(笑)
 ぎるがトイレとか言って公園に飛び込んでいった。残りはみんなコンビニの中に入り、
 それぞれ私的な買い物も交えて色々と物色していた。
 まぁ細かく言えばボクが私的な買い物(この冬だけのQooとか買ってた)をしていたられにはが
 れ「あーまぐ俺のも一緒に買っといて、金は払うから。」
 と、色々買ったり。
 そこで、思いも寄らないアクシデント!なんと、
 し「酒がねぇ!」
 ・・・みんな(ボク以外)が宴会で飲もうと酒を買おうと思っていたのに、ここにはなかった。
 今時酒の置いてないコンビニなんて微妙に珍しいなぁ・・・(笑)
 まぁ、酒が弱いボクは助かった、飲まされなくて。(笑)天の助けかなぁ〜(笑)

 そして、店を出たとき・・・はうっ!鼻血が出た!(大汗;
 うわーん止まんねぇ〜(T△T)
 ティッシュはさっき旅館に置いてきた荷物の中なんだよなーチキショー(何)
 ちうわけで、しばらくは上を向いて歩こう〜♪鼻血がこぼれないように♪
 ・・・うわー格好悪ぅ〜・・・(死)
 ホントは、ティッシュを詰めるとか、鼻をつまんで下を向いてる方がええんやけどな。
 買い物袋持ってたし、そうもいかなかったんだよなぁ・・・(死)

 そんで、夕飯をあまりろくに喰っていなかったため、さっき見た吉○家によって、みんなで食べようと言うことになり、
 みんな並盛り。(笑)誰だったか一人だけ大盛りだったんだっけかなぁ?そこんとこ覚えてないんだが(笑)
 少なくとも、ボクだけツユダクだったことは確かである。
 さぁ牛丼も買ったし、旅館に戻ろう!
 未だに鼻血は止まらず・・・はう(泣)
 寒いし、メールもろくに打てないし・・・はう(泣)

 人間は考える葦だね。(謎)

 旅館へ帰る。到着。(早)
 部屋へ戻り、とりあえず牛丼をむさぼり食い始めたりする。(笑)
 ・・・あれ、牛丼がひとつ多い!煤i ̄□ ̄;)
 人数分買ったはずの牛丼がひとつ多い。何でだろう(笑)
 こ「あ、じゃ俺食う。どうせ足りない気がするし。」
 おー。さすが紅夢。”White chatの大食い大王”と呼ぶことにしよう(ぇ)
 ボクもボクで、ようやく鼻血が止まって牛丼を食べ始める。
 ・・・食い終わってから気がついた。紅生姜かけてなかったぢゃん!(死)

 しばらくして、ぎるちが浴衣に着替え始めた・・・(笑)
 他のみんなは誰も着替えようとしない。風呂へ行く気満々なのは彼だけだ(笑)
 ・・・何か、今回のオフではぎるちがかなりおいしいところを持って言ってる気がするのはボクだけだろうか。(笑)
 今回ぎるちがゆかのメルアドを聞いちゃったから何言われるかわからんし・・・
 ・・・あ、いやこっちの話ですわ♪
 まぁそれはともかく。誰も風呂に行く気はないようで。
 ま「ボクはもう少ししたらいくけど、まだ待ってくれや(^^;」
 ぎ「おい〜早く行こうぜ〜」

 ・・・それから、約30分(?)今までオフで撮ってきた写真などをみんなで見たり、
 テレビを見て足り色々し・・・
 ボクはコンタクトをはずさなきゃなんない時間だったのではずした。
 もはやぎるち以外誰も風呂へ行こうという気はないようだった。(笑)
 どうやらとりあえずその時点で、入る気はしなかったのだろう。(笑)
 ここで色々他にも何やらしていたような気もするが・・・あんまり覚えてないんだよなぁ(^^;
 喋ってたり、キャッチボールしたり(ぇ)その他諸々。かな。
 でも、あまりに時間が経ったので、ボクは風呂へ向かう決心をした。(決心て・・・;)
 ボクが行くと言ったので、ぎるちが嬉しそうに(?)風呂に先に向かった。
 ボクは少し遅れて風呂に向かった。
 紅夢とれにはは本当に入る気がなかったらしい。狽ニ御剣は入る気だったらしい。

 さて、その風呂のことについては・・・次回に続く!

 次回予告!
 さてさてみんなが気になっているのはこの先の風呂のことだろう・・・
 一体どんな風呂なんだろう。その内容が気になる!
 さぁ、そのヴェールを脱ぐのは次回だ!次回も見逃すな!
 

 さぁ〜て。またまた来週もまた見てくださいね。じゃん、けん

 その四へ続く

 index backする